GNU Radio with Red Pitaya

”Red Pitaya"(正式な製品名は"STEMLab 125-14)
”Red Pitaya”(正式な製品名は”STEM Lab 125-14)

写真の製品は当ショップ取り扱いではありませんが、Red Pitayaです(アクリルケースは別売りのオプションです。また、冷却用ファンは自分で取り付けたものです)。

SDRモジュールではありますが、搭載しているXilinx Zynq 7010 FPGAは2個のARM Cortex A9を内蔵しており、それ自体、コンピュータです。Webサーバ機能もあり、ネット経由でRed Pitayaにアクセスして実行する機能を選択します。製品にいくつかのバリエーションがあり、実行できる「機能」についてはバリエーションごとに違います。私が買ったのはアマチュア無線家向けの”SDR Kit”です。が無線用のSDRモジュールとして以外にオシロスコープやSG、ロジックアナライザ等としても使用できます(機能によってはオプションが必要)。メーカーが”エンジニアにとってのスイスアーミーナイフ”と称している所以でもあります。サンプリング周波数125MHz、ビット長14bitで、価格は約4万円です。日本ではマウサーから購入できます。この価格が”エンジニアにとってのスイスアーミーナイフ”相当なのか意見が分かれるでしょうが、1台持っておいてもいいかもしれません。他にアカデミック用として性能を落としたものもあります。

Red Pitaya用Power SDRで2波同時受信中
Red Pitaya用Power SDRで2波同時受信中

製品自体は以前から知っていましたが、GNU Radioにも対応することを知り、9月に買ってしまいました。しばらくはPowerSDRで受信動作をさせてみたり、SCPIインタフェースを試していましたが、ようやくGNU Radio対応にもトライしました。

Red Pitayaについては、日本ではまだユーザが少ないようで日本語で書かれたものはあまり見かけません。GNU Radioにいたっては誰も試していないのか、まったく見かけません。

Red Pitaya用GNU Radioフロー(AMトランシーバー)
Red Pitaya用GNU Radioフロー(AMトランシーバー)

 

ただ、取り組んでみると、実際は簡単で主導者(?)のPavel Deminのホームページの記載のとおりの手順で実現できてしまいました。

右はサンプルとして提供されているAMトランシーバーのフローで、SourceやSinkとしてのRed Pitayaが表示されています。ネット経由での接続なのでIPアドレスを指定します。まずは受信動作について確認できました。

すでに手持ちのHackRF Oneと合わせ、GNU Radioに対応した送受信可能なSDRデバイスが2台揃ったことになり、対向させていろいろなことが試せるようになりました。

上記フローを動作させた場合の受信画面
上記フローを動作させた場合の受信画面

ちなみにネット等でも”Red Pitaya”と称されていますが、Red Pitayaはメーカーの社名で、製品名は”STEMLab”です。“STEM”はSTEM教育のSTEMと同源のようでScience, Technology, Engineering and Mathematicsからきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ˆ Back To Top